超絶恐ろしいフィナステリドの副作用

非常に報告が少ない成分になるフィナステリドですが、まれに副作用が生じてしまう人もいます。そのような人にとっては超絶恐ろしいフィナステリドという扱いになるでしょうが、その多くがそれに該当しません。本当に副作用が少ない医薬品であり、AGA男性型脱毛症に悩んでいる男性に、手を差し伸べて改善への道を歩ませてくれる成分になります。このフィナステリドが配合されたAGA治療薬にプロペシアというものがあります。プロペシアの通販などがあるので簡単に入手できるAGA治療薬となっています。

まずフィナステリドはどんな副作用が生じるのかというと、性欲減退、精子の数は減る、勃起不全が挙げられます。AGAの原因は男性ホルモンになりますが、男性ホルモンといってもいろいろあり、特にAGAに影響を与える男性ホルモンを抑えることがフィナステリドにはできることでこの成分が使われています。しかし男性ホルモンを抑制していますので、そのような副作用が生じると考えられています。

またその他には、うつ病も挙げられます。しかしこれは因果関係がわかっておらず、頭髪が薄くなったことで内向的になり、うつ病を発症したことも要因として挙げられますので特定はできていません。また肝臓を患っている人が服用すると、肝臓に影響を与える可能性がありますので、主治医と相談することをおすすめします。いずれも1%台の報告となっており、副作用の数が少ないことがわかるでしょう。

しかしひとつだけ重大な副作用が生じる可能性があります。それは女性が絶対に服用してはいけないことです。またそれだけではなく女性が触ることも禁忌されています。妊娠中の女性であれば特に注意が必要です。フィナステリドは胎児の性器に悪影響があるとされていますので、女性は絶対に、そして子供の手に触れることがないようにしましょう。管理方法には気を付ける必要があります。

↓AGA治療薬おすすめ通販
安価で人気があるフィンペシア
フィナステリドを個人輸入で買う
↓フィナステリドで脱毛を防止してミノキシジルで発毛を促すと、より発毛効果を高められるとされています
ミノキシジル