フィナステリドと頭痛とトリートメントの関係

フィナステリド錠の副作用として、男性ホルモンを変化から生じる勃起不全、性欲減退、精子減少、乳房女性化が多いですが、そのなかに頭痛が入っていることはありません。フィナステリド錠を服用している男性で頭痛や眠気といった副作用を感じる人もいるようです。激しい頭痛というわけではないようですが、生活に支障をきたすこともありますので、決して無視できない症状です。しばらく服用すると改善する場合が多いですの、それでも改善しない場合は服用を中止するのも一つの決断です。

病院で処方されているフィナステリド錠としてプロペシア、またはプロペシアのジェネリック薬品がありますがそのようなクリニックから処方された医薬品は、副作用が生じたとしても救済措置を受けることができます。医薬品副作用被害救済制度とって、医薬品により副作用が生じた場合は、そのような救済を受けることができますので、安心することができますが、個人輸入代行業者を利用する場合は、その医薬品副作用救済制度を受けることができません。医薬品の入手経路によって変わりますので、その点は注意してください。

トリートメントもAGA男性型脱毛症や薄毛に影響があります。シャンプーで頭髪と頭皮を洗った後のごわつきを抑えるために使うトリートメントですが、その中に入ってあるシリコンが毛穴を塞いでしまい、育毛発毛生活に支障をきたすことがあります。頭皮に直接塗布するタイプの育毛発毛剤は、そのような状態には悪影響になります。また薄毛改善は総合的に取り組む必要があり、頭皮環境を整えることは非常に重要です。トリートメントにも配慮しながら、頭皮環境を整えるようにして、薄毛改善に取り組みましょう。