フィナステリドは半永久使用しないとだめ?

AGA男性型脱毛症の治療方法として、頭髪を諦めるまで続けなければならないことから、AGA治療薬に含まれているフィナステリドは半永久的に服用しないといけないことになります。これはAGA治療の根幹にもかかわる問題であり、誰にでも付きまとう問題になり、そして医療費にまつわる問題として常についてきます。この問題の解決方法を自分なりにまとめてから、治療を続ける必要があるでしょう。

フィナステリドはAGAの原因となる男性ホルモンの産生を抑える効果があり、内服薬として使われます。現時点では絶対に欠かせない医薬品成分になります。フィナステリドが含まれている医薬品の服用をやめてしまうと、また脱毛原因となる男性ホルモンが作られることになりますので、薄毛は進行するでしょう。この医薬品を用いて改善したとしても、やめることができない医薬品です。止めた瞬間から以前のように悪化し、またはそれ以上悪くなることもあるでしょう。

現在クリニックでAGA治療を受けることができますが、最大の問題点は医療費が莫大になることです。保険診療として認められていませんので、すべて自己負担になることから自分の経済事情によっては治療を止めないと行けなくなることもあるでしょう。また半永久的に使わないといけないことから、その医療費についての解決策も模索する必要があります。

医療費については個人輸入代行業者で安く医薬品を購入するといった手段があり、多くの方がその方法を活用しています。その点は医療費の問題はクリアできますが、いつフィナステリドを止めればいいのかという問題もあるでしょう。それは個人差があります。自分はもうハゲてもいいと思った時が辞め時になるでしょう。