第一類薬品ではないフィナステリドとレーザー治療

まず第一類薬品と医療用医薬品を別に考える必要があります。フィナステリド錠と比較されてよく出てくるミノキシジルは、第一類薬品として登録されており、薬剤師のいるドラッグストアで購入することが可能です。しかしフィナステリド錠は、病院に行って医師の処方箋がなければ入手することができません。フィナステリド錠はドラッグストアでは購入することができませんので、その点はよく理解しておきましょう。

第一類薬品以外として区別されるフィナステリド錠ですが、AGA男性型脱毛症に効果的な医薬品になります。男性で薄毛に悩む人の多くが男性型脱毛症と言われおり、このフィナステリド錠が必要になります。クリニックに行って医師に処方してもらうことができますが、それ以外に個人輸入代行業者から購入することも可能です。クリニックに行くと医療費がすべて自己負担になりますので、安く購入することができる個人輸入代行業者は、医療費を抑えることが可能です。しかし医薬品になりますので、まずは医師の診察を受けてから異常がないことを確認して、利用するようにしてください。

フィナステリド錠やミノキシジルを用いる方法が主流になっていますが、レーザー治療も最近は注目され始めました。このレーザー治療はアメリカでも薄毛改善に効果があるとされています。アメリカ食品医薬品局FDAと呼ばれる政府機関があり、非常に基準が厳しいことで知られている機関です。この機関で男性の薄毛治療に効果があるとされるもので、フィナステリド錠とミノキシジル、そしてレーザ治療が挙げられました。厳しいと言われている機関でもレーザー治療の効果が認められたというのは、効果に期待することができるでしょう。